コンクリート構造物の補修・補強に関するフォーラム、コンクリート構造物の補修・補強材料情報
コンクリート構造物の補修・補強に関するフォーラム、コンクリート構造物の補修・補強材料情報|一般社団法人コンクリートメンテナンス協会
お問い合わせはこちら|一般社団法人コンクリートメンテナンス協会
Googleサイト内検索
2019/05/13 コンクリート構造物の補修・補強に関するフォーラム2019 山口 | コンクリート構造物の補修・補強に関するフォーラム、コンクリート構造物の補修・補強材料情報|JCMA・一般社団法人コンクリートメンテナンス協会
一般社団法人
コンクリートメンテナンス協会
〒730-0053
広島市中区東千田町2-3-26
Mail : info@j-cma.jp

2019/05/11 山口フォーラム

山口県産業技術センター 多目的ホール

〒755-0152 山口県宇部市あすとぴあ四丁目1番1号

参加申し込み:175名
参加者:155名
(うち発注者:14名)
参加率:88.6%

10:00〜10:05 挨拶・趣旨説明

瀬原洋一氏(山口県コンクリート診断士会会長 所属:常盤地下工業)

100人定員で募集をしたが、すぐに100人を超した。
より多くの方に聴講頂きたいので、椅子だけの席を増やして150人定員にした。
ご不自由をかけますが、最後までよろしお願いします。

10:05〜10:55 第1部

演題:「社会資本のメンテナンスについて考える」

講師:国土交通省 中国地方整備局 道路保全企画官 藤原 浩幸氏

70枚を超えるページを1時間で説明しました。
国の政策が盛り沢山なことが分かりました。

11:00〜12:00 第2部

演題:「長寿命化のための点検要領」

講師:十河 茂幸 先生(JCMA顧問 近未来コンクリート研究会代表)

「小規模橋梁の点検要領」の製作に3年間取り組んできました。
本年度のフォーラムに間に合うように製作しました。
その点検要領製作の背景とその内容について説明しました。

12:50〜13:35 第3部

演題:「プレストレストコンクリート構造物の有効な維持管理」

講師:真鍋 英規 氏((株)CORE技術研究所)

PCの点検はRCの考えは適用できません。
まずは違いを理解して、構造を理解して、そして点検技術を説明しました。

13:35〜14:45 第4部

演題:「鉄筋腐食の観点からみた亜硝酸リチウムによる補修技術」

講師:江良 和徳 氏(コンクリートメンテナンス協会 技術委員長)

今年のテーマ「鉄筋防錆」の亜硝酸リチウムの適用工法について説明しました。

14:40〜15:10 第5部

演題:コンクリート構造物のひび割れ画像診断支援システムの開発「ひびみっけ」の紹介

講師:川尻 洋平 氏(富士フィルム(株))

15:10〜15:25 第6部

演題:「亜硝酸塩の有効的な工法の紹介」

講師:橋本 芳章 氏 (エス・エルテック蝓

亜硝酸リチウムを使った工法について説明しました。

15:30〜16:05 第7部

演題:セメント系補修補強材料の基礎知識〜ひび割れ注入工法と断面修復工法を中心に〜

講師:早野 博幸 氏 (一社)セメント協会)

今年はひび割れ注入と断面修復に特化して話をしました。

16:05〜16:45 第8部

演題:「コンクリート塗装材の役割 〜視認性塗料と剥落防止塗料〜」

講師:中丸 大輔 氏(日本ペイント(株))

有機系塗膜のコンクリートへの適用と剥落防止について話をしました。

司会進行

池末二郎氏(山口県コンクリート診断士会 所属:宇部セントラルコンサルタント)



Copyright(C) 2011 コンクリートメンテナンス協会 All rights reserved.