コンクリート構造物の補修・補強に関するフォーラム、コンクリート構造物の補修・補強材料情報
コンクリート構造物の補修・補強に関するフォーラム、コンクリート構造物の補修・補強材料情報|一般社団法人コンクリートメンテナンス協会
お問い合わせはこちら|一般社団法人コンクリートメンテナンス協会
Googleサイト内検索
JCMA 第9回 年次活動報告会・懇親会 2019/07/10 札幌 | コンクリート構造物の補修・補強に関するフォーラム、コンクリート構造物の補修・補強材料情報|JCMA・一般社団法人コンクリートメンテナンス協会
一般社団法人
コンクリートメンテナンス協会
〒730-0053
広島市中区東千田町2-3-26
Mail : info@j-cma.jp

JCMA 年次活動報告会 2018/07/10 札幌

1.日 時 : 令和1年7月10日(火曜日)
2.場 所 : ホテルモントレエーデルホフ札幌 
        ホテルモントレ札幌
        〒060-0002  札幌市中央区北2条西1丁目1番地
        TEL 011-232-1777   FAX 011-232-1212
3.スケジュール
15:00〜16:30 技術委員会 参加者17名 
        17:00〜18:00 年次活動報告会 参加者43名 
        18:00〜20:00 懇親会 参加者39名


http://www.hotelmonterey.co.jp/


会長挨拶

本日は平日のご多忙の中かくも多数ご参加いただきまして有難うございました。
(一社)コンクリートメンテナンス協会は毎年年次活動報告会として、JCI年次大会のテクノプラザ参加に合わせて、年次活動報告会を開催しております。
仙台・神戸・札幌と三回目になります。
年々、弊会の工法は採用が増えてきました。
問合せは日に数件事務局に来るようになりました。
これも皆様のご努力もありますが、ご協力いただいている「コンクリート構造物の補修補強に関わるフォーラム」の成果とも言えます。
年々工夫をしながら開催し、今年はすでに参加申し込みが1万人を超えました。
感謝申し上げます。
さて、私たちが提唱している亜硝酸リチウムを使った定量的な工法ですが、ご存知の通り、ASRリチウム工法・リハビリカプセル工法の圧入工法、リハビリ断面修復工法、リハビリ被覆工法、含侵工法のプロコンガードシステム、特に最近はシランとの組み合わせのプロコンガードシステムSが建材試験センターで良い試験結果でて、高い評価を頂いています。また、存置型枠工法のGFプロテクト工法も宇部港・大分港で採用になりました。
事務局だけでは問い合わせに対応することがだんだん不可能になってきました。それで、会員を対象に「営業力強化のための会員研修」そして「コンクリート診断士養成講座」を開催しています。国内で私たちの工法が標準的な工法になるように頑張っていきたいと思います。
亜硝酸リチウムと取り組んで四半世紀になります。今まで誰も効果を理論立てて否定できません。工法を開発することで亜硝酸の防錆効果そしてリチウムのASR抑制ができるようになりました。 皆様と一緒にこの材料と工法を普及させましょう。
フォーラムは整備局がある都市で開催していますが、希望がありましたらそれ以外の地方でも開催します。ご相談いただければ幸いです。
また、その他いろいろなご意見を頂ければ協会運営に反映したいと思います。
JCMAは、会員が運営する協会です。積極的なかかわりを期待します。
かかわりを大きくする企業がより多くの利益が生まれる会になるように事務局は頑張ります。
本日は本当にありがとうございます。

活動報告

活動報告 江良技術委員長

懇親会



Copyright(C) 2011 コンクリートメンテナンス協会 All rights reserved.