コンクリート構造物の補修・補強に関するフォーラム、コンクリート構造物の補修・補強材料情報
コンクリート構造物の補修・補強に関するフォーラム、コンクリート構造物の補修・補強材料情報|一般社団法人コンクリートメンテナンス協会
お問い合わせはこちら|一般社団法人コンクリートメンテナンス協会
Googleサイト内検索
2017年7月20日 「平和の灯」完成時の姿に   中国新聞|コンクリート構造物の補修・補強に関するフォーラム、コンクリート構造物の補修・補強材料情報|JCMA・一般社団法人コンクリートメンテナンス協会
一般社団法人
コンクリートメンテナンス協会
〒730-0053
広島市中区東千田町2-3-26
Mail : info@j-cma.jp

プレス情報

2017年7月20日 2017年7月20日 「平和の灯」完成時の姿に   中国新聞

最新技術の補修工事終了

被爆72年の原爆の日を前に、広島県コクリート診断士会とコンクリートメンテナンス協会(いずれも広島市中区)は、平和記念公園(同)にある「平和の灯」の補修工事を終えた。ボランティアで取り組み、最新技術を駆使して完成当時の姿に近づけた。
赤外線やエックス線で内部を調べて補修箇所を特定。
6月19日から計6日間の作業で、一部を削って鉄筋にさび止めを塗ったり、コンクリート表面の色合いを完成当時に近づけるため特殊塗料を塗り重ねたりした。最終日は約10人が、腐食を防ぐ強化材を表面に塗布するなどして仕上げた。
平和の灯は故丹下健三氏の設計で1964年に完成し、幅13叩奥行き8叩高さ3叩4浜する市は必要に応じて修復してきたが、詳しい劣化状況は調べていない。同診断士会の米倉亜州男会長(75)は「8月6日までにできるだけ完成時の姿に戻すように仕上げた。多くの来訪者にみてもらいたい」と話していた。


Copyright(C) 2011 コンクリートメンテナンス協会 All rights reserved.