コンクリート構造物の補修・補強に関するフォーラム、コンクリート構造物の補修・補強材料情報
コンクリート構造物の補修・補強に関するフォーラム、コンクリート構造物の補修・補強材料情報|一般社団法人コンクリートメンテナンス協会
お問い合わせはこちら|一般社団法人コンクリートメンテナンス協会
Googleサイト内検索
2017年7月20日 8月22日佐賀でフォーラム   九建日報|コンクリート構造物の補修・補強に関するフォーラム、コンクリート構造物の補修・補強材料情報|JCMA・一般社団法人コンクリートメンテナンス協会
一般社団法人
コンクリートメンテナンス協会
〒730-0053
広島市中区東千田町2-3-26
Mail : info@j-cma.jp

プレス情報

2017年7月20日 8月22日佐賀でフォーラム   九建日報

コンクリートメンテ協会

(一社)コンクリートメンテナンス協会(徳納剛会長)は、8月22日に佐賀市の佐賀県立男女共同参画企画センター・アバンセで開催する「コンクリート構造物の補修・補強に関するフォーラム2017」の受講者を募集している。土木学会認定CPDプログラム5.3単位。定員は195人で、参加は無料。
テーマは「構造物の健康寿命を延ばすためのシナリオ」。国土交通省九州地整企画部の楠本敦技術調整管理官が国土交通行政の最新動向及び政策について講演するほか、劣化機構に応じた補修の考え方や補修工法、補修技術など専門技術について解説が行われる予定。
国内のコンクリート構造物は、老朽化、劣化が進行しており、このまま供用し続けると社会資本としての要求性能を満たせなくなる危機にある。
同協会では、点検、調査、診断に関する様々な技術を駆使して構造物が適切な性能を維持できる期間、すなわち健康寿命を延ばすしかないと指摘。将来、どのように維持管理していくか方針を決めることが重要だとしている。
技術資料「コンクリート構造物の維持管理 〜塩害・中性化・ASR補修の考え方〜 ver4.2」(2000円、税込み)が必要。
参加申込、技術資料購入は同協会ホームページから。問い合わせは同協会(電話082-541-0133番)。


Copyright(C) 2011 コンクリートメンテナンス協会 All rights reserved.