コンクリート構造物の補修・補強に関するフォーラム、コンクリート構造物の補修・補強材料情報
コンクリート構造物の補修・補強に関するフォーラム、コンクリート構造物の補修・補強材料情報|一般社団法人コンクリートメンテナンス協会
お問い合わせはこちら|一般社団法人コンクリートメンテナンス協会
Googleサイト内検索
擁壁コンクリートに亀甲状のひび割れが多数発生していた.コンクリート表面を高圧洗浄し,表面の汚れに隠れていたひび割れを顕在化させる.|コンクリート構造物の補修・補強に関するフォーラム、コンクリート構造物の補修・補強材料情報|JCMA・一般社団法人コンクリートメンテナンス協会
一般社団法人
コンクリートメンテナンス協会
〒730-0053
広島市中区東千田町2-3-26
Mail : info@j-cma.jp

(5)ASRで劣化した擁壁の補修(ひび割れ注入工+表面被覆工)

施工概要
対象構造物擁壁
劣化状況亀甲状ひび割れ発生(最大ひび割れ幅3.0mm)
ASRの抑制方針[化因子(水分)の遮断
▲▲襯リシリカゲルの非膨張化
補修工法の選定ひび割れ注入工法+表面被覆工法(共に亜硝酸リチウム使用)
1.着工前 − 劣化の状況
1.着工前 − 劣化の状況
・擁壁コンクリートに亀甲状のひび割れが多数発生していた.

2.ひび割れ注入工 − 高圧洗浄
2.ひび割れ注入工 − 高圧洗浄
・コンクリート表面を高圧洗浄し,表面の汚れに隠れていたひび割れを顕在化させる.

3.ひび割れ注入工 − 注入器設置
3.ひび割れ注入工 − 注入器設置
・ひび割れに沿って,自動低圧注入器を250mm間隔で設置する.
・注入器間のひび割れはポリマーセメントモルタルにてシールする.

4.ひび割れ注入工 − 先行注入
4.ひび割れ注入工 − 先行注入
・自動低圧注入器に亜硝酸リチウム水溶液を充填して先行注入し,ひび割れ面をプレウエッティングする.
・ひび割れ内部に供給された亜硝酸リチウムは周囲のコンクリートに浸透する.

【使用材料の例】
浸透拡散型亜硝酸リチウム : プロコン40

5.ひび割れ注入工 − 本注入
5.ひび割れ注入工 − 本注入
・自動低圧注入器にセメント系ひび割れ注入材を充填して本注入し,ひび割れを閉塞させる.

【使用材料の例】
ひび割れ注入材 : アーマ#600

6.ひび割れ注入工 − 注入器撤去
6.ひび割れ注入工 − 注入器撤去
・注入器を撤去した後,ディスクサンダー等でコンクリート表面を平滑に仕上げる.

7.ひび割れ注入工完了
7.ひび割れ注入工完了
・注入材にてひび割れを閉塞したため,ひび割れからの水分浸入は遮断されている.
・ひび割れ内部に亜硝酸リチウムを供給しているため,ひび割れ周辺のコンクリートはゲルが非膨張化される.

8.表面被覆工 − 亜硝酸リチウム塗布
8.表面被覆工 − 亜硝酸リチウム塗布
・ひび割れ注入工完了後,コンクリート表面全体に亜硝酸リチウム水溶液を塗布する.

【使用材料の例】
亜硝酸リチウム : プロコンガードプライマー

9.表面被覆工− 亜硝酸リチウム含有ペースト塗布
9.表面被覆工− 亜硝酸リチウム含有ペースト塗布
・亜硝酸リチウム含有ポリマーセメントペーストをコンクリート表面全体に塗布する.

【使用材料の例】
亜硝酸リチウム含有ペースト : リハビリペースト

10.表面被覆工 − 上塗り
10.表面被覆工 − 上塗り
・高分子系浸透性防水材を用いて上塗りを行い,亜硝酸リチウム含有ポリマーセメントモルタル層を保護する.

【使用材料の例】
表面被覆材 : アイゾールEX

11.表面被覆工完了
11.表面被覆工完了
・表面被覆工により外部からの劣化因子(水分)を遮断するとともに,コンクリート表層部のゲルは亜硝酸リチウムによって非膨張化される.


Copyright(C) 2011 コンクリートメンテナンス協会 All rights reserved.