コンクリート構造物の補修・補強に関するフォーラム、コンクリート構造物の補修・補強材料情報
コンクリート構造物の補修・補強に関するフォーラム、コンクリート構造物の補修・補強材料情報|一般社団法人コンクリートメンテナンス協会
お問い合わせはこちら|一般社団法人コンクリートメンテナンス協会
Googleサイト内検索
JCMA 第6回 通常総会・年次活動報告会・プロコンガードシステム施工管理者研修会|コンクリート構造物の補修・補強に関するフォーラム、コンクリート構造物の補修・補強材料情報|JCMA・一般社団法人コンクリートメンテナンス協会
一般社団法人
コンクリートメンテナンス協会
〒730-0053
広島市中区東千田町2-3-26
Mail : info@j-cma.jp

JCMA 第6回 通常総会

コンクリートメンテナンス協会は20年前広島県コンクリートメンテナンス協会として発足しました。当時、バブル景気は破たんしていましたが、広島はアジア大会を控えて公共投資が最高の頃でした。その様な経済的環境の中補修に取り組みました。当初は失敗を多く重ねました。しかし失敗しない補修方法がわかるようになってきました。そして、それが県外でも採用されるようになり一般社団法人化しました。

協会発足当初から亜硝酸リチウムと取り組んできました。亜硝酸リチウムは防錆とASR対策の両方を持った材料です。材料はいいのですが、その工法がありませんでした。私たちは塗布から始まり、ひび割れ注入、圧入、断面修復そして、この度表面含浸工法を確立して、ほとんどすべての劣化機構と劣化グレードに対応できるようになりました。

本年2月にNETIS登録された、プロコンガードシステムは進展期以降も効果があるケイ酸塩系表面含浸材として注目されています。プロコンガードシステムの特別講演として、江良先生を講師にお招きしています。

私たちは単なる補修業者の集まりではなくて、高い技術を持った団体として、勉強をして技術を高めていきます。国内のコンクリート構造物が健康で長寿命することが私たちの願いです。会員の皆様とともに頑張っていきますので、今後とも協会運営にご協力いただきますようにお願い申し上げます。

プロコンガードシステム施工管理者研修会

年次活動報告会開催のご案内

平素は当協会の活動に格別のご理解とご協力を賜りまして、誠にありがとうございます。
コンクリートメンテナンス協会では、現場での品質維持のため、統一的な認定基準に従い下記内容にて施工管理者研修会を開催いたします。
ご多忙中とは存じますが、ご参加いただきたくご案内申し上げます。
 
亜硝酸リチウム併用型表面含浸工法「プロコンガードシステム(NETIS:CG-150013-A)」
施工管理者研修会

・開催日時:平成28年6月9日(木) 13:00〜16:30
 ※JCMA年次活動報告会と同日同会場です。
・開催場所:ホテルJALシティ広島(広島市中区上幟町7-14)
・講習内容:材料の特性、補修メカニズム、施工上の留意点等(すべて座学講習です。)
・当日持参して頂くもの:筆記用具
・講習会受講者で認定試験合格者には資格者証を発行いたします。
・プロコンガードシステムを施工するには、資格者証所持者の現場常駐が必要です。
・土木学会CPDプログラムに申請中です。(3単位程度の予定)


Copyright(C) 2011 コンクリートメンテナンス協会 All rights reserved.