コンクリート構造物の補修・補強に関するフォーラム、コンクリート構造物の補修・補強材料情報
コンクリート構造物の補修・補強に関するフォーラム、コンクリート構造物の補修・補強材料情報|一般社団法人コンクリートメンテナンス協会
お問い合わせはこちら|一般社団法人コンクリートメンテナンス協会
Googleサイト内検索
2018 『コンクリート構造物の補修・補強に関するフォーラム』|コンクリート構造物の補修・補強に関するフォーラム、コンクリート構造物の補修・補強材料情報|JCMA・一般社団法人コンクリートメンテナンス協会
一般社団法人
コンクリートメンテナンス協会
〒730-0053
広島市中区東千田町2-3-26
Mail : info@j-cma.jp

『コンクリート構造物の補修・補強に関するフォーラム2018』

 『コンクリート構造物の補修・補強に関するフォーラム2018』
     〜構造物の健康寿命を延ばすためのシナリオ〜   のご案内

2018年、(一社)コンクリートメンテナンス協会は「コンクリート構造物の健康寿命を考える」をテーマに、「コンクリート構造物の補修・補強に関するフォーラム」を開催します。本年度のフォーラムでは、予防保全と事後保全の双方の観点に立ち、コンクリート構造物の健康寿命を延ばすための維持管理の考え方に関する基本概念、そして適切な調査・診断と適切な補修・補強に関する各種維持管理技術を紹介します。

 わが国のコンクリート構造物は確実に劣化が進み、直ちに対策が必要なものも少なくありません。それらに対して適切な調査・診断・補修設計・補修工事を行うことは急務であり、維持管理に関わる技術者の責務です。しかし、従来の事後保全的な対応を続けると、将来的に莫大な費用が必要になることも議論されています。一方、将来的な維持管理のあり方に予防保全の考え方を導入することにより、想定される費用は大幅に減額できるとも言われるようになりました。
 2018フォーラムでは、産学官の講師陣として、国土交通省から「国土交通行政の最新動向と政策」について、学術分野からは「健康寿命を延ばすための最新の考え方」について、産業分野からは最新の調査・診断、補修、補強技術について解説を頂きます。
今年も、コンクリート構造物の維持管理業務に携わる技術者の光明になる内容を提供できるよう努めますので、ご多忙とは存じますが、ご参加頂きたくご案内申し上げます。
※本プログラムは土木学会認定CPDプログラムです。
主催一般社団法人コンクリートメンテナンス協会 (http://www.j-cma.jp/ )
後援【国・地方公共団体】
国土交通省、広島県、北海道、札幌市、仙台市、香川県、高松市、大阪市、福岡県、沖縄県土木建築部、那覇市、新潟市、愛知県、名古屋市     
                                        (開催日順:地方自治体は開催道県の開場のみ後援)
【学会・協会】
(公社)土木学会、(一社)日本建築学会、(公社)日本コンクリート工学会、(公社)日本材料学会、(公社)プレストレストコンクリート工学会、(一社)セメント協会、(公社)日本建築士会連合会、(公社)日本技術士会、(一社)日本コンクリート診断士会、コンクリート構造物の電気化学的防食工法研究会(CP工法研究会)、日本エルガード協会、(公社)腐食防食学会、ASRリチウム工法協会、Q-R工法協会

【(一社)建設コンサルタンツ協会】
協会本部、北海道支部、東北支部、北陸支部、関東支部、近畿支部、中国支部、四国支部、九州支部
                                         (各支部は当該エリアの会場のみ後援)
【(一社)測量設計業協会】
宮城県測量設計業協会、東京都測量設計業協会、新潟県測量設計業協会、広島県測量設計業協会、香川県測量設計業協会、福岡県測量設計コンサルタンツ協会
                                        (最寄りの会場のみ後援)
【報道関係】
(株)中建日報社、(株)日刊建設産業新聞社、(株)九建日報社


■後援申請中(昨年実績)
【地方公共団体】
広島市、宮城県、大阪府、福岡市、那覇市、新潟県
【報道関係】
株式会社日経BP
開催日程平成30年度JCMA主催フォーラム開催一覧をご参照ください。

講演内容

山口会場

山口会場5/2(水)山口会場チラシ
本フォーラムは土木学会認定CPDプログラム( 5.2単位)です。
10:00〜10:10挨拶・趣旨説明
10:10〜11:10講師:藤原 浩幸 氏(中国地方整備局 道路保全企画官)
演題:「社会資本のメンテナンスに関する取り組み」
11:20〜12:20講師:十河 茂幸先生(近未来コンクリート研究会 代表)
演題:「長寿命化のための点検要領について」
13:10〜14:25講師:松尾 栄治 先生(九州産業大学教授)
演題:「誰でもわかるコンクリートの劣化メカニズム」
14:35〜16:20講師:江良 和徳氏(コンクリートメンテナンス協会 技術委員長)
演題:「亜硝酸リチウム技術と健康寿命」

広島会場

広島会場5/9(水)・10(木)広島会場チラシ
■1日目講演内容
本フォーラムは土木学会認定CPDプログラム( 5.3単位)です。
10:00〜10:10挨拶・趣旨説明
10:10〜11:10講師:浜崎 宏幸 氏(中国地方整備局 技術調整管理官)
演題:「社会資本のメンテナンスに関する取り組み」
11:20〜12:20講師:十河 茂幸先生(近未来コンクリート研究会 代表)
演題:長寿命化のための点検要領について「」
13:20〜14:20講師:竹田 宣典先生(広島工業大学教授)
演題:「コンクリート構造物を長生きさせるための方策 〜コンクリート・鉄筋・表面保護のコラボレーション〜」
14:30〜16:00講師:江良 和徳氏(コンクリートメンテナンス協会 技術委員長)
演題:「コンクリート構造物の劣化と補修技術」
16:10〜16:55講師:早野 博幸 氏(セメント協会)
演題:「すぐに役立つセメント系補修・補強材料の基礎知識2018」
■2日目講演内容
本フォーラムは土木学会認定CPDプログラム( 5.3単位)です。
10:00〜10:05挨拶・趣旨説明
10:05〜10:50講師:中丸 大輔氏(日本ペイント(株))
演題:「コンクリート用塗料の性能と機能 〜塗布型剥落防止塗料と視認性付加塗料〜」
11:00〜11:50講師:田中 一弘氏(日本エルガード協会・CP工法研究会)
演題:「電気化学的防食技術と健康寿命」
12:40〜14:10講師:江良 和徳氏(コンクリートメンテナンス協会 技術委員長)
演題:「亜硝酸リチウム補修技術と健康寿命」
14:20〜15:20講師:真鍋 英規氏(CORE技術研究所)
演題:「PC構造物の健康寿命を延ばす維持管理」
15:30〜15:45講師:佐藤 亘 氏(一社)STTG工法協会業務執行理事・東京電力)
演題:「石油樹脂・アクリル樹脂系材料を用いたコンクリート構造物への圧力注入止水工法 〜STTG工法〜」
15:45〜16:00講師:三原 孝文氏(K-PREX工法研究会)
演題:「既設コンクリート構造物へのプレストレス導入技術と健康寿命」
16:00〜16:15講師:野村 一貴 氏(ダイクレ興産(株))
演題:「支承リバイバルシステム 〜金属溶射と常温亜鉛めっき塗装による既設橋梁支承の長寿命化工法〜」
16:15〜16:45講師:稲冨 芳寿氏(高耐力マイクロパイル研究会)
演題:「既設構造物の健康寿命を延ばす基礎補強技術」

北海道会場

北海道会場5/21(月)・22(火)北海道チラシ
■1日目講演内容
本フォーラムは土木学会認定CPDプログラム( 5.7単位)です。
10:00〜10:10挨拶・趣旨説明
10:10〜11:10講師:西村 敦史 氏(北海道開発局 道路保全対策官)
演題 :「持続可能なメンテナンスの実現へ」
11:20〜12:20講師:宮川 豊章先生(京都大学特任教授)
演題:「コンクリート構造物を、丈夫で美しく長持ち」
13:20〜14:50講師:十河 茂幸先生(近未来コンクリート研究会代表)
演題:「長寿命化のための点検要領について」
15:00〜15:45講師:江良 和徳氏(コンクリートメンテナンス協会 技術委員長)
演題:「コンクリート構造物の劣化と補修技術」
15:20〜16:10講師:名和 豊春 先生(北海道大学総長)
演題:「寒冷地におけるコンクリートの長寿命化−劣化の特徴とその対策−」
16:10〜16:55講師:羽渕 貴士氏(東亜建設工業)
演題:「コンクリート構造物の塩害環境評価の重要性とその手法について」

■2日目講演内容
本フォーラムは土木学会認定CPDプログラム( 5.3単位)です。
10:00〜10:05挨拶・趣旨説明
10:05〜10:50講師:中丸 大輔氏(日本ペイント(株))
演題:「コンクリート用塗料の性能と機能 〜塗布型剥落防止塗料と視認性付加塗料〜」
11:00〜11:50講師:鹿島 篤志氏(日本エルガード協会・CP工法研究会)
演題:「電気化学的防食技術と健康寿命」
12:40〜13:55講師:江良 和徳氏(コンクリートメンテナンス協会 技術委員長)
演題:「亜硝酸リチウム補修技術と健康寿命」
14:05〜15:05講師:真鍋 英規氏(CORE技術研究所)
演題:「PC構造物の健康寿命を延ばす維持管理」
15:15〜15:30講師:河田 義郎 氏(會澤高圧コンクリート)
演題:「バイオ技術を利用したコンクリート修復技術と健康寿命」
15:30〜15:45講師:佐藤 亘 氏(一社)STTG工法協会業務執行理事・東京電力)
演題:「石油樹脂・アクリル樹脂系材料を用いたコンクリート構造物への圧力注入止水工法 〜STTG工法〜」
15:45〜16:00講師:野村 一貴 氏(ダイクレ興産(株))
演題:「支承リバイバルシステム 〜金属溶射と常温亜鉛めっき塗装による既設橋梁支承の長寿命化工法〜」
16:00〜16:45講師:五十嵐 数馬 氏 (一社)セメント協会)
演題:「すぐに役立つセメント系補修・補強材料の基礎知識2018」

東京会場

東京会場5/29(火)、5/30(水)東京会場チラシ
■1日目講演内容
本フォーラムは土木学会認定CPDプログラム( 5.3単位)です。
10:00〜10:10主催者挨拶、趣旨説明
10:10〜11:10講師:五道 仁実 氏 (大臣官房室 技術審議官)
演題:「国土交通行政の現状と課題」
11:20〜12:20講師:十河 茂幸 先生(近未来コンクリート研究会代表)
演題:「長寿命化のための点検要領について」
13:20〜14:20講師:宮川 豊章 先生(京都大学特任教授)
演題:「コンクリート構造物を、丈夫で美しく長持ち」
14:30〜16:00講師:江良 和徳 氏(コンクリートメンテナンス協会 技術委員長)
演題:「コンクリート構造物の劣化と補修技術」
16:10〜16:55講師:橋村 雅之 氏 (一社)セメント協会)
演題:「すぐに役立つセメント系補修・補強材料の基礎知識2018」

■2日目講演内容
本フォーラムは土木学会認定CPDプログラム( 5.3単位)です。
10:00〜10:05趣旨説明
10:05〜10:50講師:中丸 大輔 氏(日本ペイント(株))
演題:「コンクリート用塗料の性能と機能 〜塗布型剥落防止塗料と視認性付加塗料〜」
11:00〜11:50講師:山本 誠 氏(日本エルガード協会・CP工法研究会)
演題:「電気化学的防食技術と健康寿命」
12:40〜14:10講師:江良 和徳 氏(コンクリートメンテナンス協会 技術委員長)
演題:「亜硝酸リチウム補修技術と健康寿命」
14:20〜15:20講師:真鍋 英規 氏(CORE技術研究所)
演題:「PC構造物の健康寿命を延ばす維持管理」
15:30〜15:45講師:佐藤 亘 氏(一社)STTG工法協会業務執行理事・東京電力)
演題:「石油樹脂・アクリル樹脂系材料を用いたコンクリート構造物への圧力注入止水工法 〜STTG工法〜」
15:45〜16:00講師:飯塚 弘道 氏(旭化成アドバンス(株)
演題:「シラン系含浸材と健康寿命」
16:00〜16:15講師:三本 竜彦 氏(K-PREX工法研究会)
演題:「既設コンクリート構造物へのプレストレス導入技術と健康寿命」
16:15〜16:30講師:光永 浩一 氏(ダイクレ興産(株))
演題:「支承リバイバルシステム 〜金属溶射と常温亜鉛めっき塗装による既設橋梁支承の長寿命化工法〜」
16:30〜16:45講師:稲冨 芳寿 氏(高耐力マイクロパイル研究会)
演題:「既設構造物の健康寿命を延ばす基礎補強技術」

宮城会場

宮城会場6/7(木)宮城会場チラシ
本フォーラムは土木学会認定CPDプログラム( 5.5単位)です。
10:00〜10:10趣旨説明
10:10〜11:00講師:松井 幸男 氏 (東北地方整備局 道路部道路保全企画官)
演題:「東北地方整備局のコンクリートメンテナンスにおける最近の取組み」
11:10〜12:10講師:江良 和徳 氏(コンクリートメンテナンス協会 技術委員長)
演題:「コンクリート構造物の劣化と補修技術」
13:00〜13:50講師:鹿島 篤志 氏(日本エルガード協会・CP工法研究会)
演題:「電気化学的防食技術と健康寿命」
14:00〜15:00講師:江良 和徳氏(コンクリートメンテナンス協会 技術委員長)
演題:「亜硝酸リチウム補修技術と健康寿命」
15:05〜15:20講師:片野 啓三郎 氏(大林組技術研究所)
演題:「PVB 樹脂および珪砂を用いた高性能防食鉄筋「サンドグリップバー」」
15:20〜16:00講師:持田 氏 (一社)セメント協会)
演題:「すぐに役立つセメント系補修・補強材料の基礎知識2018」
16:00〜16:45講師:中丸 大輔氏(日本ペイント(株))
演題:「コンクリート用塗料の性能と機能 〜塗布型剥落防止塗料と視認性付加塗料〜」

香川会場

香川会場6/14(木)香川会場チラシ
本フォーラムは土木学会認定CPDプログラム( 5.3単位)です。
10:00〜10:10趣旨説明
10:10〜11:00講師:山田 敬二 氏 (四国地方整備局 技術調整管理官)
演題:「国土交通行政に係わる最近の動向について」
11:10〜12:10講師:江良 和徳 氏(コンクリートメンテナンス協会 技術委員長)
演題:「コンクリート構造物の劣化と補修技術」
13:00〜13:50講師:田中 一弘 氏(日本エルガード協会・CP工法研究会)
演題:「電気化学的防食技術と健康寿命」
14:00〜15:10講師:江良 和徳 氏(コンクリートメンテナンス協会 技術委員長)
演題:「亜硝酸リチウム補修技術と健康寿命」
15:20〜16:00講師:五十嵐 数馬 氏 (一社)セメント協会)
演題:「すぐに役立つセメント系補修・補強材料の基礎知識2018」
16:00〜16:45講師:中丸 大輔氏(日本ペイント(株))
演題:「コンクリート用塗料の性能と機能 〜塗布型剥落防止塗料と視認性付加塗料〜」

大阪会場

大阪会場6/19(火)、6/20(水)大阪会場チラシ
■1日目講演内容
本フォーラムは土木学会認定CPDプログラム( 5.3単位)です。
10:00〜10:10趣旨説明
10:10〜11:10講師:別木 孝 氏 (近畿地方整備局 技術調整管理官)
演題:「演題未定」
11:20〜12:20講師:宮川 豊章 先生(京都大学特任教授)
演題:「コンクリート構造物を、丈夫で美しく長持ち」
13:10〜14:10講師:十河 茂幸 先生(近未来コンクリート研究会代表)
演題:「長寿命化のための点検要領について」
14:10〜15:10講師:濱崎 仁 先生(芝浦工業大学教授)
演題:「軍艦島(端島)におけるRC建築物の状況と保存・修復のための検討」
15:20〜16:20講師:江良 和徳 氏(コンクリートメンテナンス協会 技術委員長)
演題:「コンクリート構造物の劣化と補修技術」
16:20〜16:55講師:高原 幸之助 氏 (一社)セメント協会)
演題:「すぐに役立つセメント系補修・補強材料の基礎知識2018」

■2日目講演内容
本フォーラムは土木学会認定CPDプログラム( 5.3単位)です。
10:00〜10:10説明
10:10〜11:00講師:中丸 大輔氏(日本ペイント(株))
演題:「コンクリート用塗料の性能と機能 〜塗布型剥落防止塗料と視認性付加塗料〜」
11:00〜11:50講師:田中 一弘 氏(日本エルガード協会・CP工法研究会)
演題:「電気化学的防食技術と健康寿命」
12:40〜14:10講師:江良 和徳 氏(コンクリートメンテナンス協会 技術委員長)
演題:「亜硝酸リチウム補修技術と健康寿命」
14:20〜15:20講師:真鍋 英規 氏(CORE技術研究所)
演題:「PC構造物の健康寿命を延ばす維持管理」
15:30〜15:45講師:飯塚 弘道 氏(旭化成アドバンス(株)
演題:「シラン系含浸材と健康寿命」
15:45〜16:00講師:佐藤 亘 氏(一社)STTG工法協会業務執行理事・東京電力)
演題:「石油樹脂・アクリル樹脂系材料を用いたコンクリート構造物への圧力注入止水工法 〜STTG工法〜」
16:00〜16:15講師:野村 一貴 氏(ダイクレ興産(株))
演題:「支承リバイバルシステム 〜金属溶射と常温亜鉛めっき塗装による既設橋梁支承の長寿命化工法〜」
16:15〜16:45講師:稲冨 芳寿 氏(高耐力マイクロパイル研究会)
演題:「既設構造物の健康寿命を延ばす基礎補強技術」

福岡会場

福岡会場7/11(水)、7/12(木)福岡会場チラシ
■1日目講演内容
本フォーラムは土木学会認定CPDプログラム( 5.3単位)です。
10:00〜10:10JCMA 挨拶
10:10〜11:10講師:坂元 浩二 氏 (九州地方整備局 技術調整管理官)
演題:「建設業をとりまく課題と今後の取り組みについて」
11:20〜12:20講師:十河 茂幸 先生(近未来コンクリート研究会代表)
演題:「長寿命化のための点検要領について」
13:20〜14:20講師:松田 浩 先生(長崎大学教授)
演題:「地方の道をいかに守っていくか 〜ナガサキにおけるインフラ長寿命化の取り組み〜」
14:30〜16:00講師:江良 和徳 氏(コンクリートメンテナンス協会 技術委員長)
演題:「コンクリート構造物の劣化と補修技術」
16:10〜16:55講師:橋村 雅之 氏( (一社)セメント協会)
演題:「すぐに役立つセメント系補修・補強材料の基礎知識2018」

■2日目講演内容
本フォーラムは土木学会認定CPDプログラム( 5.3単位)です。
10:00〜10:10説明
10:10〜11:10講師:中丸 大輔氏(日本ペイント(株))
演題:「コンクリート用塗料の性能と機能 〜塗布型剥落防止塗料と視認性付加塗料〜」
10:10〜11:10講師:赤澤 一彰 氏(日本エルガード協会・CP工法研究会)
演題:「電気化学的防食技術と健康寿命」
10:10〜11:10講師:江良 和徳 氏(コンクリートメンテナンス協会 技術委員長)
演題:「亜硝酸リチウム補修技術と健康寿命」
10:10〜11:10講師:真鍋 英規 氏(CORE技術研究所)
演題:「PC構造物の健康寿命を延ばす維持管理」
15:30〜15:45講師:佐藤 亘 氏(一社)STTG工法協会業務執行理事・東京電力)
演題:「石油樹脂・アクリル樹脂系材料を用いたコンクリート構造物への圧力注入止水工法 〜STTG工法〜」
15:45〜16:00講師:三原 孝文 氏(K-PREX工法研究会)
演題:「既設コンクリート構造物へのプレストレス導入技術と健康寿命」
10:10〜11:10講師:野村 一貴 氏(ダイクレ興産(株))
演題:「支承リバイバルシステム 〜金属溶射と常温亜鉛めっき塗装による既設橋梁支承の長寿命化工法〜」
10:10〜11:10講師:稲冨 芳寿 氏(高耐力マイクロパイル研究会)
演題:「既設構造物の健康寿命を延ばす基礎補強技術」

沖縄会場

沖縄会場7/26(木)沖縄会場チラシ
本フォーラムは土木学会認定CPDプログラム( 5.5単位)です。
10:00〜10:10JCMA 挨拶
10:10〜11:00講師:高良 哲治 氏 (沖縄総合事務局 技術企画官)
演題:「道路構造物の老朽化に関する取組み」
11:00〜11:30講師:十河 茂幸先生(近未来コンクリート研究会代表)
演題:「長寿命化のための点検要領について」
11:30〜12:00西 弘 氏(CORE技術研究所)
演題:「PC構造物の健康寿命を延ばす維持管理」
13:00〜13:50講師:湯地 輝 氏(日本エルガード協会・CP工法研究会)
演題:「電気化学的防食技術と健康寿命」
14:00〜15:15講師:江良 和徳 氏(コンクリートメンテナンス協会 技術委員長)
演題:「亜硝酸リチウム補修技術と健康寿命」
15:25〜15:40講師:片野 啓三郎 氏(大林組技術研究所)
演題:「PVB 樹脂および珪砂を用いた高性能防食鉄筋「サンドグリップバー」」
15:40〜16:10講師:高原 幸之助 氏 ((一社)セメント協会)
演題:「すぐに役立つセメント系補修・補強材料の基礎知識2018」
16:10〜16:55講師:中丸 大輔氏(日本ペイント(株))
演題:「コンクリート用塗料の性能と機能 〜塗布型剥落防止塗料と視認性付加塗料〜」

盛岡会場

盛岡会場8/2(木)盛岡会場案内
本フォーラムは土木学会認定CPDプログラム( 5.5単位)です。
10:00〜10:05来賓挨拶 国土交通省 東北地方整備局 岩手河川国道事務所長
       佐近 裕之 様
10:5〜11:05講師:小山田 哲也 先生 (岩手大学 准教授 理工学部 社会環境工学科 社会基盤・環境コース)
演題:「岩手の過酷な寒冷環境下のコンクリート構造物の耐久性向上に向けた実践的取組み」
11:05〜11:35講師:小野 修司 氏 (ランデス蝓
演題:「エコボックス擁壁」
11:35〜12:05講師:石村 玄二 氏 ((株)高環境エンジニアリング)
演題:「ブランチブロック」
13:00〜14:00講師:江良 和徳 氏(コンクリートメンテナンス協会 技術委員長)
演題:「コンクリート構造物の劣化と補修技術」
14:00〜14:30講師:下枝 博之 氏 (StoCretec Japan株式会社)、(株)ナスキー)
演題:「ポリマーセメントモルタル乾式吹付工法を用いた補修・耐震補強技術」
14:30〜15:00講師:植田 健介 氏 ((株)ビービーエム)
演題:「コンクリート橋の維持・補修について」
15:05〜16:05講師:稲冨 芳寿 氏 (博士(工学) 高耐力マイクロパイル研究会 理事)
演題:「既設構造物の健康寿命を延ばす基礎補強技術」
16:05〜16:30講師:内田 哲男 氏 (大豊建設(株))
演題:「コンクリート地下構造物の築造技術―ニューマチックケーソン工法―」

新潟会場

新潟会場8/9(木)新潟会場チラシ
本フォーラムは土木学会認定CPDプログラム( 5.5単位)です。
10:00〜10:10JCMA 挨拶
10:10〜11:00講師:村下 剛 氏 (北陸地方整備局 技術調整管理官)
演題:「演題未定」
11:10〜12:10講師:江良 和徳 氏(コンクリートメンテナンス協会 技術委員長)
演題:「コンクリート構造物の劣化と補修技術」
13:00〜13:50講師:阿部 健 氏(日本エルガード協会・CP工法研究会)
演題:「電気化学的防食技術と健康寿命」
14:00〜15:00講師:江良 和徳 氏(コンクリートメンテナンス協会 技術委員長)
演題:「亜硝酸リチウム補修技術と健康寿命」
15:05〜15:20講師:片野 啓三郎 氏(大林組技術研究所)
演題:「PVB 樹脂および珪砂を用いた高性能防食鉄筋「サンドグリップバー」」
15:20〜16:00講師:講師:早野 博幸 氏 (一社)セメント協会)
演題:「すぐに役立つセメント系補修・補強材料の基礎知識2018」
16:00〜16:45講師:中丸 大輔氏(日本ペイント(株))
演題:「コンクリート用塗料の性能と機能 〜塗布型剥落防止塗料と視認性付加塗料〜」

愛知会場

愛知会場8/30(木)愛知会場チラシ
本フォーラムは土木学会認定CPDプログラム( 5.3単位)です。
10:00〜10:10JCMA 挨拶
10:10〜11:00講師:山根 孝之 氏 (中部地方整備局 技術調整管理官)
演題:「演題未定」
11:10〜12:10講師:江良 和徳 氏(コンクリートメンテナンス協会 技術委員長)
演題:「コンクリート構造物の劣化と補修技術」
13:00〜13:50講師:山本 悟 氏(日本エルガード協会・CP工法研究会)
演題:「電気化学的防食技術と健康寿命」
14:00〜15:10講師:江良 和徳 氏(コンクリートメンテナンス協会 技術委員長)
演題:「亜硝酸リチウム補修技術と健康寿命」
15:20〜16:00講師:持田 氏 (一社)セメント協会)
演題:「すぐに役立つセメント系補修・補強材料の基礎知識2018」
16:00〜16:45講師:中丸 大輔氏(日本ペイント(株))
演題:「コンクリート用塗料の性能と機能 〜塗布型剥落防止塗料と視認性付加塗料〜」

宮崎会場

宮崎会場9/26(水)宮崎会場チラシ
本フォーラムは土木学会認定CPDプログラム( 5.3単位)です。
10:00〜10:10趣旨説明
10:10〜11:00講師:国土交通省九州地方整備局
演題:「演題未定」
11:10〜12:10講師:江良 和徳 氏(コンクリートメンテナンス協会 技術委員長)
演題:「コンクリート構造物の劣化と補修技術」
13:00〜13:50講師:日本エルガード協会・CP工法研究会
演題:「電気化学的防食技術と健康寿命」
14:00〜14:50講師:江良 和徳 氏(コンクリートメンテナンス協会 技術委員長)
演題:「亜硝酸リチウム補修技術と健康寿命」
14:55〜15:45講師:十河 茂幸 先生(近未来コンクリート研究会代表)
演題:「長寿命化のための点検要領について」
15:45〜16:30講師:中丸 大輔氏(日本ペイント(株))
演題:「コンクリート用塗料の性能と機能」
    〜塗布型剥落防止塗料と視認性付加塗料〜」

参加申込

参加申込1)申 込 先:平成30年度JCMA主催フォーラム開催一覧よりお申し込みください。
2)参 加 費:無料
  (但し、各会場定員になり次第締め切らせていただきますのでご了承ください。)

【講習会用テキスト】

当日のテキストとして、「コンクリート構造物の維持管理 技術資料 〜塩害・中性化・ASRの効果的な補修技術〜ver4.2」(2000円税込)をホームページで販売しております。


Copyright(C) 2011 コンクリートメンテナンス協会 All rights reserved.