コンクリート構造物の補修・補強に関するフォーラム、コンクリート構造物の補修・補強材料情報
コンクリート構造物の補修・補強に関するフォーラム、コンクリート構造物の補修・補強材料情報|一般社団法人コンクリートメンテナンス協会
お問い合わせはこちら|一般社団法人コンクリートメンテナンス協会
Googleサイト内検索
2017 『コンクリート構造物の補修・補強に関するフォーラム』|コンクリート構造物の補修・補強に関するフォーラム、コンクリート構造物の補修・補強材料情報|JCMA・一般社団法人コンクリートメンテナンス協会
一般社団法人
コンクリートメンテナンス協会
〒730-0053
広島市中区東千田町2-3-26
Mail : info@j-cma.jp

『コンクリート構造物の補修・補強に関するフォーラム2017』

〜構造物の健康寿命を延ばすためのシナリオ〜 のご案内

 我が国の社会資本を支える大小さまざまなコンクリート構造物。街を少し歩くだけでも膨大な数のコンクリート構造物に囲まれていることに気づきます。しかしそれらはあまりに当然のごとく存在しているため、コンクリート構造物の健康状態に思いを馳せることが少なかったのではないでしょうか。我が国のコンクリート構造物は確実に老朽化、劣化が進行しており、このまま供用し続けると社会資本としての要求性能を満足できない構造物が増大する危機に面していると言わざるを得ません。それを防ぐためには、構造物が適切な性能を維持し得る期間、すなわち健康寿命を延ばすしかありません。
 構造物の健康寿命を延ばすために、我々は点検、調査、診断、補修、補強に関する様々な技術を駆使して構造物の維持管理に取り組みます。したがって個々の要素技術に対する知識と経験は不可欠なのですが、実はその上流にある『この構造物を将来どのように維持管理していくか』という方針、意思、シナリオこそが重要だと考えます。
 そのような社会的背景のもと、(一社)コンクリートメンテナンス協会では今年も「コンクリート構造物の維持管理に関するフォーラム」を全国で開催いたします。官学産の講師陣として、国土交通省から国土交通行政の最新動向と政策について、学術分野から維持管理を俯瞰するシナリオについて、産業分野から最新の調査、補修、補強に関する専門技術について解説を頂きます。今年も、コンクリート構造物の維持管理業務に携わる皆様の一助になる内容を提供できると思いますので、ご多忙中とは存じますがご参加頂きたくご案内申し上げます。
※本プログラムは土木学会認定CPDプログラムです。
主催一般社団法人コンクリートメンテナンス協会 (http://www.j-cma.jp/ )
後援【国・地方公共団体】
国土交通省、広島県、広島市、大阪府、大阪市、福岡県、福岡市、沖縄県、那覇市、香川県、高松市、北海道、札幌市、新潟県、新潟市、仙台市、名古屋市、長野市、佐賀県、佐賀市     
                                        (開催日順:地方自治体は開催道県の開場のみ後援)
【学会・協会】
(公社)土木学会、(一社)日本建築学会、(公社)日本コンクリート工学会、(公社)日本材料学会
(一社)セメント協会、(公社)日本建築士会連合会、コンクリート構造物の電気化学的防食工法研究会(CP工法研究会)、ASRリチウム工法協会、Q-R工法協会

【(一社)建設コンサルタンツ協会】
協会本部、東北支部、北陸支部、中部支部、近畿支部、中国支部、四国支部、九州支部
                                         (各支部は当該エリアの会場のみ後援)
【(一社)測量設計業協会】
青森県測量設計業協会、岩手県測量設計業協会、宮城県測量設計業協会、秋田県県土整備コンサルタンツ協会、山形県測量設計業協会、福島県測量設計業協会、東京測量設計業協会、神奈川県測量設計業協会、新潟県測量設計業協会、岐阜県測量設計業協会、広島県測量設計業協会、鳥取県測量設計業協会、島根県測量設計業協会、山口県測量設計業協会、香川県測量設計業協会、高知県測量設計業協会、福岡県測量設計コンサルタンツ協会、佐賀県県土づくりコンサルタンツ協会
                                        (最寄りの会場のみ後援)
【マスコミ】
(株)日刊建設産業新聞社、(株)建通新聞社、(株)中建日報社、(株)九建日報社


■後援申請中(昨年実績)
【地方公共団体】大阪市、福岡県、那覇市、宮城県、愛知県、長野県、佐賀県
【学会】(公社)プレストレストコンクリート工学会【協会】(公社)日本技術士会【(一社)測量設計業協会】北海道測量設計業協会、埼玉県測量設計業協会、愛知県測量設計業協会、愛媛県測量設計業協会、福岡県測量設計コンサルタンツ協会、長崎県測量設計コンサルタンツ協会、大分県測量設計コンサルタンツ協会
開催日程平成29年度JCMA主催フォーラム開催一覧をご参照ください。

講演内容

広島会場・大阪会場・東京会場・愛知会場

広島会場5/11(木)・12(金)広島会場チラシ
大阪会場5/25(木)・26(金)大阪会場チラシ
東京会場7/19(水)・20(木)東京会場チラシ
愛知会場8/2(水)・3(木)愛知会場チラシ
■1日目講演内容
本フォーラムは土木学会認定CPDプログラム( 5.4単位)です。
10:00〜10:10主催者挨拶、趣旨説明
10:10〜11:10広島講師:沢口 俊樹氏(中国地方整備局道路部道路情報管理官)
演題:「社会資本のメンテナンスに関する取り組み」
大阪講師:南後 和寛氏(近畿地方整備局企画部技術調整管理官)
演題:「社会資本整備事業の最近の取組み」
東京講師:五道 仁実氏(国土交通省 大臣官房室 技術審議官)
演題:「Costruction〜建設現場の生産性革命〜」
愛知講師:犬飼 一博氏(中部地方整備局企画部技術調整管理官)
演題:「国土交通行政に係わる最近の動向について」
11:20〜12:20講師:十河 茂幸先生(近未来コンクリート研究会 代表)
演題:「予防保全で健康寿命を延ばす策」
13:20〜14:20広島講師:竹田 宣典先生(広島工業大学教授)
演題:「長寿命構造物を造るシナリオとメンテナンス技術」
大阪
東京
講師:宮川 豊章先生(京都大学インフラシステムマネジメント研究拠点ユニット 特任教授)
演題:「コンクリート構造物を造りこなし使いこなす」
愛知講師:濱崎 仁先生(芝浦工業大学教授)
演題:「軍艦島(端島)における RC建築物の状況と保存に向けた検討」
14:30〜16:00講師:江良 和徳氏(コンクリートメンテナンス協会 技術委員長)
演題:「劣化機構に応じたコンクリート補修の基本的な考え方」
16:10〜16:55広島講師:持田 泰子氏((一社セメント協会)セメント系補修・補強材料推進WG)
演題:「すぐに役立つセメント系補修・補強材の基礎知識2017」
大阪講師:早野 博幸氏((一社セメント協会)セメント系補修・補強材料推進WG)
演題:「すぐに役立つセメント系補修・補強材の基礎知識2017」
東京講師:島崎 泰氏((一社セメント協会)セメント系補修・補強材料推進WG)
演題:「すぐに役立つセメント系補修・補強材の基礎知識2017」
愛知講師:高原 幸之助氏((一社セメント協会)セメント系補修・補強材料推進WG)
演題:「すぐに役立つセメント系補修・補強材の基礎知識2017」
■2日目講演内容
本フォーラムは土木学会認定CPDプログラム( 5.2単位)です。
10:00〜10:05主催者挨拶、趣旨説明
10:05〜10:50講師:中丸 大輔氏(日本ペイント(株) 顧客推進鉄構グループ)
演題:「機能性塗料を用いた補修方法の提案〜塗膜型剥落防止工法と表面保護クリヤー工法〜」
11:00〜11:50広島講師:田中 一弘氏(日本エルガード協会 ・ CP工法研究会 (株)ナカボーテック所属)
演題:「コンクリート構造物における電気防食工法」
大阪講師:阿部 健氏(日本エルガード協会 ・ CP工法研究会 日本防食工業(株)所属)
演題:「電気防食技術の解説と応用」
東京講師:蝦名 仁美氏(日本エルガード協会 ・ CP工法研究会 (株)ナカボーテック所属)
演題:「電気防食技術の解説と応用」
愛知講師:佐々木 亘氏(日本エルガード協会 ・ CP工法研究会 三井住友建設(株)所属)
演題:「電気防食技術の解説と応用」
12:40〜14:10講師:江良 和徳氏(コンクリートメンテナンス協会 技術委員長)
演題:「亜硝酸リチウムを用いたコンクリート補修技術 −塩害・中性化・ASRを中心に−」
14:20〜14:50講師:小林 大氏(大日本コンサルタント(株))
演題:「橋梁点検におけるドローンの未来」
14:50〜15:20講師:真鍋 英規氏((株)CORE技術研究所)
演題:「プレストレストコンクリートの維持管理【調査・診断】」
15:30〜15:45講師:黒田 晃氏(旭化成ワッカーシリコーン(株))
演題:「シラン・シロキサン系浸透性吸水防止剤」
15:45〜16:00講師:竹内 祥一氏(福美建設(株))
演題:「小規模橋梁補修課題解決にむけた伸縮装置及び床板防水の一体化工法について」
16:00〜16:15講師:野村 一貴氏(ダイクレ興産(株))
演題:「支承リバイバルシステム」
16:15〜16:45講師:稲冨 芳寿氏(マイクロパイル工法協会)
演題:「狭隘な施工条件での基礎補強 〜マイクロパイル技術〜」

山口会場

山口会場5/17(水)・18(木)山口会場チラシ
■1日目講演内容
本フォーラムは土木学会認定CPDプログラム( 5.7単位)です。
9:50〜10:00主催者挨拶、趣旨説明
10:00〜11:00講師:沢口 俊樹氏(中国地方整備局道路部道路情報管理官)
演題:「社会資本のメンテナンスに関する取り組み」
11:10〜12:10講師:十河 茂幸先生(近未来コンクリート研究会 代表)
演題:「予防保全で健康寿命を延ばす策」
13:00〜14:00講師:吉武 勇先生(山口大学准教授)
演題:「FRPを用いた補強技術−国内外の最新技術を例に−」
14:10〜15:30講師:江良 和徳氏(コンクリートメンテナンス協会 技術委員長)
演題:「劣化機構に応じたコンクリート補修の基本的な考え方」
15:40〜17:00講師:江良 和徳氏(コンクリートメンテナンス協会 技術委員長)
演題:「亜硝酸リチウムを用いたコンクリート補修技術 −塩害・中性化・ASRを中心に−」

■2日目講演内容
本フォーラムは土木学会認定CPDプログラム( 5.2単位)です。
10:00〜10:05主催者挨拶、趣旨説明
10:05〜11:05講師:宮本 文穂先生(山口大学名誉教授)
演題:「ヨーロッパにおける鉄およびコンクリートに代わる次世代材料開発」
11:15〜12:15講師:渡邊 繁氏((株)アースデザインエンジニアリング)
演題:「コンクリート構造物の補修・補強設計のポイント」
13:15〜14:15講師:和多田 康男氏(宇部興産機械(株))
演題:「鋼構造物の点検・診断技術の方法と留意点」
14:25〜15:15講師:田中 一弘氏(日本エルガード協会 ・ CP工法研究会 (株)ナカボーテック所属)
演題:「コンクリート構造物における電気防食工法」
15:15〜15:30講師:野村 一貴(ダイクレ興産(株))
演題:「支承リバイバルシステム」
15:40〜16:40講師:中村 秀明先生(山口大学大学院創成科学研究科教授)
演題:「コンクリートの初期収縮ひび割れとその予測手法」

福岡会場

福岡会場6/7(水)・8(木)福岡会場チラシ
■1日目講演内容
本フォーラムは土木学会認定CPDプログラム( 5.4単位)です。
10:00〜10:10主催者挨拶、趣旨説明
10:10〜11:10講師:楠本 敦氏(九州地方整備局企画部技術調整管理官)
演題 :「社会資本整備事業の最近の取組み」
11:20〜12:20講師:十河 茂幸先生(近未来コンクリート研究会 代表)
演題:「予防保全で健康寿命を延ばす策」
13:20〜14:50講師:江良 和徳氏(コンクリートメンテナンス協会 技術委員長)
演題:「劣化機構に応じたコンクリート補修の基本的な考え方」
15:00〜15:45講師:早野 博幸氏((一社セメント協会)セメント系補修・補強材料推進WG)
演題:「すぐに役立つセメント系補修・補強材の基礎知識2017」
15:55〜16:55講師:霤 秀則先生(九州大学大学院工学研究院社会基盤部門教授)
演題:「RC構造物の塩害を基本から見つめなおして」

■2日目講演内容
本フォーラムは土木学会認定CPDプログラム( 5.2単位)です。
10:00〜10:05主催者挨拶、趣旨説明
10:05〜10:50講師:中丸 大輔氏(日本ペイント(株) 顧客推進鉄構グループ)
演題:「機能性塗料を用いた補修方法の提案〜塗膜型剥落防止工法と表面保護クリヤー工法〜」
11:00〜11:50講師:山崎 大輔氏(日本エルガード協会 ・ CP工法研究会 ショーボンド建設(株)所属)
演題:「電気防食技術の解説と応用」
12:40〜14:10講師:江良 和徳氏(コンクリートメンテナンス協会 技術委員長)
演題:「亜硝酸リチウムを用いたコンクリート補修技術 −塩害・中性化・ASRを中心に−」
14:20〜14:50講師:小林 大氏(大日本コンサルタント(株))
演題:「橋梁点検におけるドローンの未来」
14:50〜15:20講師:真鍋 英規氏((株)CORE技術研究所)
演題:「プレストレストコンクリートの維持管理【調査・診断】」
15:30〜15:45講師:黒田 晃氏(旭化成ワッカーシリコーン(株))
演題:「シラン・シロキサン系浸透性吸水防止剤」
15:45〜16:00講師:竹内 祥一氏(福美建設(株))
演題:「小規模橋梁補修課題解決にむけた伸縮装置及び床板防水の一体化工法について」
16:00〜16:15講師:野村 一貴氏(ダイクレ興産(株))
演題:「支承リバイバルシステム」
16:15〜16:45講師:稲冨 芳寿氏(マイクロパイル工法協会)
演題:「狭隘な施工条件での基礎補強 〜マイクロパイル技術〜」

香川会場、宮城会場、佐賀会場

香川会場6/21(水)香川会場チラシ
宮城会場7/28(金)宮城会場チラシ
佐賀会場8/22(火)佐賀会場チラシ
本フォーラムは土木学会認定CPDプログラム( 5.3単位)です。
10:00〜10:10主催者挨拶、趣旨説明
10:10〜11:00香川講師:石田 和敏氏(四国地方整備局企画部技術調整管理官)
演題:「国土交通行政に係わる最近の動向について」
宮城講師:山口 満氏(東北地方整備局道路部道路保全企画官)
演題:「コンクリート構造物の施工が品質・耐久性に与える影響」
佐賀講師:伊藤 康弘氏(九州地方整備局企画部技術管理課課長補佐)
演題:「国土交通行政に係わる最近の動向について」
11:10〜12:10講師:江良 和徳氏(コンクリートメンテナンス協会 技術委員長)
演題:「劣化機構に応じたコンクリート補修の基本的な考え方」
13:00〜13:50香川講師:鹿島 篤志氏(日本エルガード協会 ・ CP工法研究会 住友大阪セメント(株)所属)
演題:「電気防食技術の解説と応用」
宮城講師:新藤 麻子氏(日本エルガード協会 ・ CP工法研究会 日本防食工業(株)所属)
演題:「電気防食技術の解説と応用」
佐賀講師:小林 浩之氏(日本エルガード協会 ・ CP工法研究会 (株)ナカボーテック所属)
演題:「電気防食技術の解説と応用」
14:00〜15:10講師:江良 和徳氏(コンクリートメンテナンス協会 技術委員長)
演題:「亜硝酸リチウムを用いたコンクリート補修技術 −塩害・中性化・ASRを中心に−」
15:20〜16:00香川講師:高原 幸之助氏((一社セメント協会)セメント系補修・補強材料推進WG)
演題:「すぐに役立つセメント系補修・補強材の基礎知識2017」
宮城講師:五十嵐 数馬氏((一社セメント協会)セメント系補修・補強材料推進WG)
演題:「すぐに役立つセメント系補修・補強材の基礎知識2017」
佐賀講師:高原 幸之助氏((一社セメント協会)セメント系補修・補強材料推進WG)
演題:「すぐに役立つセメント系補修・補強材の基礎知識2017」
16:00〜16:45講師:中丸 大輔氏(日本ペイント(株) 顧客推進鉄構グループ)
演題:「機能性塗料を用いた補修方法の提案〜塗膜型剥落防止工法と表面保護クリヤー工法〜」

北海道会場

北海道会場6/29(木)北海道会場チラシ
本フォーラムは土木学会認定CPDプログラム( 5.3単位)です。

10:00〜10:10主催者挨拶、趣旨説明
10:10〜11:00講師:菊池 康氏(北海道開発局建設部道路維持課道路保全対策官)
演題:「持続可能なメンテナンスの実現へ」
11:10〜11:50講師:早野 博幸氏((一社セメント協会)セメント系補修・補強材料推進WG)
演題:「すぐに役立つセメント系補修・補強材の基礎知識2017」
12:40〜13:40講師:江良 和徳氏(コンクリートメンテナンス協会 技術委員長)
演題:「劣化機構に応じたコンクリート補修の基本的な考え方」"
13:40〜14:30講師:湯治 輝氏(日本エルガード協会 ・ CP工法研究会 東洋建設(株)所属)
演題:「電気防食技術の解説と応用」
14:40〜15:50講師:江良 和徳氏(コンクリートメンテナンス協会 技術委員長)
演題:「亜硝酸リチウムを用いたコンクリート補修技術 −塩害・中性化・ASRを中心に−」
16:00〜16:45講師:中丸 大輔氏(日本ペイント(株) 顧客推進鉄構グループ)
演題:「機能性塗料を用いた補修方法の提案〜塗膜型剥落防止工法と表面保護クリヤー工法〜」

新潟会場

新潟会場7/4(火)新潟会場チラシ
本フォーラムは土木学会認定CPDプログラム( 5.3単位)です。
10:00〜10:10主催者挨拶、趣旨説明
10:10〜11:00講師:鈴木 和弘氏(北陸地方整備局企画部技術調整管理官)
演題:「北陸地方整備局の最近の取り組み」
11:10〜12:00講師:江良 和徳氏(コンクリートメンテナンス協会 技術委員長)
演題:「劣化機構に応じたコンクリート補修の基本的な考え方」
12:50〜13:40講師:秋山 哲治氏(日本エルガード協会 ・ CP工法研究会 若築建設(株)所属)
演題:「電気防食技術の解説と応用」
13:50〜15:00講師:江良 和徳氏(コンクリートメンテナンス協会 技術委員長)
演題:「亜硝酸リチウムを用いたコンクリート補修技術 −塩害・中性化・ASRを中心に−」
15:10〜15:50講師:五十嵐 数馬氏((一社セメント協会)セメント系補修・補強材料推進WG)
演題:「すぐに役立つセメント系補修・補強材の基礎知識2017」
15:50〜16:35講師:中丸 大輔氏(日本ペイント(株) 顧客推進鉄構グループ)
演題:「機能性塗料を用いた補修方法の提案〜塗膜型剥落防止工法と表面保護クリヤー工法〜」
16:35〜16:50講師:野上 克宏氏(K.N.コンクリート診断事務所 所属)
演題:「最近の点検・調査・診断技術〜橋梁点検調査を中心に〜」

沖縄会場、長野会場

沖縄会場6/15(木)沖縄会場チラシ
長野会場8/8(火)長野会場チラシ
本フォーラムは土木学会認定CPDプログラム( 5.7単位)です。
10:00〜10:10主催者挨拶、趣旨説明
10:10〜11:00沖縄講師:喜舎場 正秀氏(内閣府沖縄総合事務局開発建設部技術企画官)
演題:「道路構造物の老朽化に関する取組み」
長野講師:中須賀 聡氏(関東地方整備局企画部技術調整管理官)
演題:「建設現場の生産性革命」
11:10〜11:40沖縄講師:十河 茂幸先生(近未来コンクリート研究会 代表)
演題:予防保全で健康寿命を延ばす策
長野講師:竹内 祥一氏(福美建設(株))
演題:「小規模橋梁補修課題解決にむけた伸縮装置及び床板防水の一体化工法について」
11:40〜12:30講師:江良 和徳氏(コンクリートメンテナンス協会 技術委員長)
演題:「劣化機構に応じたコンクリート補修の基本的な考え方」
13:15〜14:05沖縄講師:山本 誠氏(日本エルガード協会 ・ CP工法研究会 住友大阪セメント(株)所属)
演題:「電気防食技術の解説と応用」
長野講師:中村 貴毅氏(日本エルガード協会 ・ CP工法研究会 日本防食工業(株)所属)
演題:「電気防食技術の解説と応用」
14:10〜15:10講師:江良 和徳氏(コンクリートメンテナンス協会 技術委員長)
演題:「亜硝酸リチウムを用いたコンクリート補修技術 −塩害・中性化・ASRを中心に−」
15:20〜16:00沖縄講師:持田 泰子氏((一社セメント協会)セメント系補修・補強材料推進WG)
演題:「すぐに役立つセメント系補修・補強材の基礎知識2017」
長野講師:持田 泰子氏((一社セメント協会)セメント系補修・補強材料推進WG)
演題:「すぐに役立つセメント系補修・補強材の基礎知識2017」
16:00〜16:45講師:中丸 大輔氏(日本ペイント(株) 顧客推進鉄構グループ)
演題:「機能性塗料を用いた補修方法の提案〜塗膜型剥落防止工法と表面保護クリヤー工法〜」

参加申込

参加申込1)申 込 先:平成29年度JCMA主催フォーラム開催一覧よりお申し込みください。
2)参 加 費:無料
  (但し、各会場定員になり次第締め切らせていただきますのでご了承ください。)

【講習会用テキスト】

当日のテキストとして、「コンクリート構造物の維持管理 技術資料 〜塩害・中性化・ASRの効果的な補修技術〜ver4.2」(2000円税込)をホームページで販売しております。
 


Copyright(C) 2011 コンクリートメンテナンス協会 All rights reserved.