コンクリート構造物の補修・補強に関するフォーラム、コンクリート構造物の補修・補強材料情報
コンクリート構造物の補修・補強に関するフォーラム、コンクリート構造物の補修・補強材料情報|一般社団法人コンクリートメンテナンス協会
お問い合わせはこちら|一般社団法人コンクリートメンテナンス協会
Googleサイト内検索
亜硝酸リチウムとはコンクリート補修用混和剤として開発された工業用化学製品であり,その原料は「ナフサ」と「リシア輝石」です.ナフサとは原油を蒸留して最初に出てくる物質で,粗製ガソリンとも呼ばれます.リシア輝石とはリチウムの原料となる希少鉱物です.|コンクリート構造物の補修・補強に関するフォーラム、コンクリート構造物の補修・補強材料情報|JCMA・一般社団法人コンクリートメンテナンス協会
一般社団法人
コンクリートメンテナンス協会
〒730-0053
広島市中区東千田町2-3-26
Mail : info@j-cma.jp
2018年6月19日・20日に開催を予定しております。
コンクリート構造物の補修・補強に関するフォーラム2018 大阪フォーラムですが、
予定通り開催いたします。
なお、予定の変更がある場合、当サイトでお知らせいたします。

(1)亜硝酸リチウムとは

 亜硝酸リチウム(Lithium Nitrite;LiNO2)とはコンクリート補修用混和剤として開発された工業用化学製品であり,その原料は「ナフサ」と「リシア輝石」です.ナフサとは原油を蒸留して最初に出てくる物質で,粗製ガソリンとも呼ばれます.リシア輝石とはリチウムの原料となる希少鉱物です.
 亜硝酸リチウム(LiNO2)は,正の電荷を帯びたリチウムイオン(Li)と,負の電荷を帯びた亜硝酸イオン(NO2)とがイオン結合した物質で,水に溶けやすい性質を持っており,亜硝酸リチウム水溶液として製品化されています(図3-1).色は薄い黄色または青色の透明な水溶液です(図3-2).
図3-1 亜硝酸リチウムの荷姿
図3-1 亜硝酸リチウムの荷姿
図3-2 亜硝酸リチウムの外観
図3-2 亜硝酸リチウムの外観
 亜硝酸リチウムの成分のうち,亜硝酸イオンは鉄筋表面の不動態被膜を再生する効果がありますので,塩害や中性化などの鉄筋腐食に起因する劣化の補修材料として適しています.一方,リチウムイオンはアルカリシリカゲルを非膨張化する効果がありますので,ASR劣化の補修材料として適しています(図3-3).

図3-3 亜硝酸イオンおよびリチウムイオンの効果
図3-3 亜硝酸イオンおよびリチウムイオンの効果


Copyright(C) 2011 コンクリートメンテナンス協会 All rights reserved.